効率よくやりたい!引っ越しの荷造りと荷ほどき

不用品を効率よく片付ける

引っ越しは誰にとっても大変なことです。特に滞在年数が長いと荷物が多すぎてどこから手を付けたらよいのか分からないこともよくあることです。まずは不用品処分から始めるのが賢明です。二年間着なかった服はまずこれからも着ないと考えて処分したいものです。食器や雑貨の類も同様です。大物の家具にしても頻繁に使わないものや不具合が出てきたものなどは思い切って処分するのも良いですね。まだ使えるものならばリサイクルショップに依頼すれば多少のお金になるし、大きいものは取りに来てくれるので便利です。最近は古いものや壊れているものでも無料回収する業者もあるので頼んでみるのも一つの方法です。たいていの場合は翌日には取りに来てもらえるので、急ぎの場合には地域の粗大ゴミ回収よりも有利です。愛着のあるものや記念品などは親しい人にあげるなどして出来るだけ荷物を減らすことが重要です。

荷造り荷ほどきも効率よく

引っ越しの荷物は非常に多くなりがちなので、荷ほどきのときのことを考えて出来るだけ中身が分かりやすくしておく必要があります。箱には台所、寝室といっ置く部屋だけでなく、食器棚の引き出し、箪笥の小引き出しといった具体的な場所も書き込んで中身が分からなくならないように気を付けたいものです。またすぐに使うものと急がないものを区別して目印をつけておくと役に立ちます。荷ほどきのときも出来るだけ効率よくすぐに使うものから箱を開け、中身を取り出したら包んであった紙やビニール袋を大袋に片付けながら、段ボール箱をその場で平らにして集めておくと散らからずに片付けができます。

不用品の回収は地域によって日や場所が決まっていたり、電話をして取りに来てもらう場合などがあります。いずれにせよルールを守って回収してもらうことが大切です。