白色申告を実施する際に勉強しておくとメリットの多い簿記

白色申告をする上であると便利な簿記の知識

確定申告の方法の中でも白色申告は事前に開業届を出していなくても可能となっています。開業届を出す方法に比べると控除できる金額は小さくなりますが、個人事業主でまだ小規模の場合やメインの仕事があり、副業の収入を確定申告する場合は白色申告で問題ないでしょう。白色申告をする場合にあると便利なのが簿記の知識です。なぜなら、現在は白色申告をする上でも帳簿を作成しなければならないからです。帳簿を作成する際に必要となる会計の知識が簿記となっています。白色申告をするのであれば簿記の勉強も同時に行うことが大切です。勉強する時は書店で販売されている参考書を活用すれば十分なので、学費を支払って専門学校に通う必要はないです。

会計ソフトへ入力する際に簿記の知識は必要

白色申告をするための帳簿を作成するために簿記の知識は必須です。手書きするのであれば、文房具店やホームセンターなどで販売されている帳簿の購入をおすすめします。また、パソコンで自作すれば修正が非常に楽なメリットがあります。しかし、簿記の知識があったとしても帳簿を購入したり、パソコンで作成したりなどの方法は手間がかかります。そこで、帳簿を作成する時に便利な方法となるのが会計ソフトの導入です。会計ソフトは簿記で学ぶことができる会計のルール通りに数字を入力すれば、自動的に様々な帳簿を作成することができます。また、作成できる書類の中には白色申告をする際に提出するものもあります。そのため、白色申告をする際は簿記を勉強し、会計ソフトを使用することで確定申告が楽になります。

白色申告は個人事業者が確定申告する為の方法です。税務署への事前の申請が必要がなく、帳簿づけも複式簿記ではなく簡易な方法で良いです。平成26年から記帳と帳簿書類の保存が必要となりました。