明日から誰かに教えられる!統合顧客管理の意味

統合顧客管理とはどんなもの?

統合顧客管理とは企業と顧客に関する情報を上手に管理するマネジメント手法のことです。営業担当者が各々もっている顧客情報を企業で収集と共有を行い、新たな顧客への提案活動をして売り上げや利益を伸ばすために用います。この手法自体は人が商売を始めた大昔から存在していましたが、紙の資料として膨大な顧客情報を収集するのは困難であり、仮に集めたとしても情報を整理できないため新たな提案ができないなどの理由でなかなか実現されませんでした。ところが、IT技術が普及することでその状況が一変しました。ITによって顧客情報の収集と管理が容易になったため統合顧客管理があらゆる企業でできるようになっていったのです。

導入するとどんなメリットがあるの?

統合顧客管理を取り入れると営業活動が今よりも効率がよくなったり、顧客の要望に沿った提案活動が行えるようになります。統合顧客管理は大抵はシステム化しているため、営業担当者はそこに様々な顧客情報を入れることによって大量の顧客情報がシステムで一元管理されるようになります。そして営業担当者はなシステム内に蓄えられているデータから顧客の特徴や傾向を知り新たな戦術の構築ができるようになるのです。例えば3月は決算前の追い込みがあるから売れやすいことや、3年に1度はシステムを刷新するから大きな受注をとりやすくなる、といったことが判明します。後は売上があげられるときは積極的に営業活動をして、逆に売り上げが見込めない時期は何もしないなど日々の活動が効率よくする事ができるのです。

統合顧客管理とは、企業にとってのお客様の満足度とロイヤルティの向上を図るために、売上と収益性も向上を図る為の経営戦略です。