電子カルテ・そのメリットとデメリットについて

電子カルテのメリットとは

電子カルテの最大のメリットは、何と言っても「検索が迅速にできる」ということです。患者名や医師名、病名等、様々なキーワードで素早く検索や絞り込みを行うことができます。手書き文字に比べて、文字が読みやすいというのも大きな利点です。また大量のカルテを保管する場合も、紙のカルテのような収納スペースが不要で、紛失の恐れが少なくなります。診断書や紹介状等を作成する際に、必要に応じてカルテのデータの一部を再利用することが可能です。そしてネットワーク化により院内の任意の場所でカルテを参照することができ、紙カルテのような搬送や片付けの手間が不要となります。

電子カルテのデメリットや注意点について

パソコン等の入力をしたことのない人にとって、キーボードから文字を入力するというのは、やはり慣れるまでに時間がかかります。このため、一時的にはどうしても業務の効率が低下することになりますが、通常は習熟によって効率は向上します。パソコン故障時に利用できなくなるという問題もあります。故障やシステムのトラブル等に備えて、予備の端末の用意やデータのバックアップ等の対策が必要です。また、停電時には利用できなくなってしまいます。病院が非常用電源を確保している場合でも、人工呼吸器等の医療機器が優先となり、パソコンの利用は難しい場合が多いです。もう一つ注意しなければならないのは、セキュリティの問題、すなわちウイルスや第三者による不正アクセスです。パソコン上で、こうしたセキュリティ対策をきちんと行っておくことが大切となります。

紙のカルテと比べた電子カルテのメリットとは、手書きの文字が読みにくいということはなく、カルテの収納スペースが不要で、見たい情報が検索しやすいところです。